本日のひとりごと

celebros.exblog.jp
Top
2008年 07月 26日 |
来週、墓参りぢゃ。
なんの準備も対策もできておらーーーーんっ (だから、なんのだww)
絶体絶命。


猿。
アラパゴボスよりモリ足げつ。
バフラウは獲物なし。
地味だけど、お土産があって私は嬉しい。

なんだかんだで夏なのに行事がびっちり。
私にしてはたいへん珍しいことである。
実妹に対して誕生日プレゼントを考えあぐねて、馬刺を山のよーに(500g)贈ったら
あきれかえっていた。でも、うまかったそーだ。
いいじゃん、うまかったなら〜っっ
実妹は私と全然性格も見かけもちがって、たいへんなオシャレさんである。
ヘタに服だのアクセだのにするとダメ出しが怖ろしいのである。
しかもあっちは都会に住んでいるのだ。
だからイナカでもぢまんの逸品である馬刺にしたのだった。

なんかいっつも食い物でごまかしているよーな気がしないでもない。

たまに遊びに来いよ、妹。こっちは空がダイナミックだぜ。

最近のダンゴ。
だいぶ、というかずいぶん逞しくなっておしまいになりました。
c0009711_19115797.jpg

[PR]
2008年 07月 20日 |
すっごい暑いです。煮えてます。脳味噌ぐらぐら。
来るべきお盆に備えて対策(なんのだww)立てねばならんとゆーのに、脳味噌が役立たず。ふげ。

c0009711_20501160.jpg

で、ふと見るとうちのインコども。
頭をカゴの底のプラスティックの段差に乗せて、ぐーすか昼寝である。
これが涼しいらしい。
部屋の温度はエアコンを30度に設定してある。
これでも外から入って来ると
「めっさ涼しい〜!!」
と、思わず叫ぶ温度である。外は酷暑。歩いているのは観光客だけ。
タクシーだって貸し切りの観光タクシーばっか走っているしの。
インコ、羨ましい。

ヴァナ経済にちょいと変化が現れた。
ウチの鯖の食品業界だが、過疎鯖ということもあってか、いわゆる業者合成人がかぎりなく減ってきたようなのである。競売物価が素材は底値、合成品は高値安定なものが一部現れてきた。たぶん、そのうちじわじわと素材も値上がりするんだろう。
ちょっと儲け時なのではあるが、果たして、ゲーム人口がウチ鯖では減ったということで(業者も儲からないから撤退したということだ)シェアの先細りが懸念される。
なんか末期な予感が寂しい。むうう。
[PR]
2008年 07月 16日 |
c0009711_20413432.jpg



私はインコになりたひ。
[PR]
2008年 07月 13日 |
サンドの動物軍団。
パパコとかジャジャロとか名前がラブリー。
c0009711_859652.jpg

防御が一番弱いのが、鳥のモモワで、度々瀕死になる。
でも、 NPCのみならずみんな気前良くケアルかけてくれるんでなんとか生き延びた。
がんばれえええ。

猿。
バフラウ2回、銀海1。
ちょい忙しくてご無沙汰気味。
なんかデロ!

インコたちは元気。
このあっついのにっ さすがアフリカ原産、びくともしねええええ。
たぶん今日も外気最高気温は35度越え。
知恵が回りすぎて、脱走することにたいへん興味を持ったらしく、人間とあくなき知恵比べを続けている。
カゴの扉部分は全部でっかいナスカンで鍵かけることに落ちついたが
(これをはずされるようになってしまうとあとは錠前しかないww)
問題はカゴの掃除中で。

今の鳥かごには脱走防止シャッターなんぞついていたりするが、
そんなもん1発でカラクリを見破られ、今ではかろうじてインコのオモチャ程度の役にしかたっていない。
しょーがないから園芸用の生物分解できるテープで、隙間を潰して掃除している。
このテープは繰り返し貼ったりはがしたりできるんだが、強度が限りなく弱いので、
このテープが実は嘴で簡単に破ることができるんだと、あやつらが気が付いたらオシマイなのである。なんかもっと確実な方法を探さねばならぬ。むうう。
[PR]
2008年 07月 03日 |
賛美歌じゃないけど、グローリアっ

2月から玄武倒すこと通算15匹目。
野良とかフレとか、使える手だては使いまくりでようやく海霊手札を入手。
やっぱり時間が(お金も!)かかったが

c0009711_1584258.jpg


やっと完成。感涙。
PS2だとテレビモニタなんで、画像が荒いんでカンベンです。
当初目標だったゼニス+1、ジニー胴、ノーヴィアのうち2つが揃ったわけだ。
自分でも感心するっつーか、あきれたってか。

これでモリガン装備に専念。欲ってコワイww

猿。
アラパゴ、銀海、ゼオルム各1回づつ。
今日もナッシン。
そのうち出るだろうと希望だけは持っている。



さて。
うちのインコども。
モモがオスでダンゴがメスかと思っていたら、今日は今日とて、ダンゴがモモにプレゼントをあげているのを目撃。なんというか、ダンゴ、あんた男の子だったの?
それよりいったい雌雄どーなってんだあああ? やっぱコドモのうちは区別つかねえ。
参考に家人の意見は『おホモだち』だって。
いや、そゆこともあるけどさ。

鳥の中でもインコ・オウムは知能が高い。
うちのインコですらもなんてか、幼児クラスの知能はある。
工夫するし、あざといし、しつこい。

どのくらいしつこいかというと、はて、いつも体格の差で若干ケンカに負け気味のダンゴ(モモより1カ月半年下なので、まだひとまわりモモより小さい)さきほどもモモとのケンカに負けて、ぷーたれて、とりあえずは仲良くしておこうと控えめにエサをついばんだりして当たり障りなくモモと過ごしていた。
・・・と思ったら、10分後くらいにダンゴ、モモの後ろに忍び寄り、かふっとモモのシッポをかじってヒットアンドアウェイかましやがりましたよ。あんた、ソレ仕返しですかい? おかしいやら情けないやらで。

それでも二羽は仲良しなんだよな。不思議!
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
冬並木 Skin by Sun&Moon